アトピー性咳嗽の薬を服用する期間はどれくらいか

スポンサーリンク

アトピー性咳嗽は薬を服用しないとなかなか治らないものです。
しかも薬を服用する期間に関しても長期間であり、長期的に健康に気を遣わなければなりません。
アトピー性咳嗽の薬を使用する期間は大体4年から5年程度であり、喘息などと同様呼吸器系の病気であるので長期間になっても当然であると言えます。
この病気の診断に関しては、喘息と判断されることも多く、大体は一度気管支拡張系の薬を処方されます。
そうではありますが、アトピー性咳嗽は喘息のような気管支に異常が出るのではなく、気管に異常が出ることによっておこる病気であるので、このような気管支拡張の薬は効果がありません。
そのため、次に疑いのある病気としてこの病気を挙げられ、薬が処方されるというパターンが一般的です。
処方されるものに関しては、アトピー同様ステロイドが処方されることが一般的です。
最初は錠剤などといった形で処方されますが、これが効果がなかった場合、ステロイド吸入などといった治療法があります。

スポンサーリンク

アトピー性咳嗽は、原因ははっきりはしていないのですが、その名の通り、アトピー性皮膚炎などといった病気にかかっている人が発症者に多いことからこの名前が付けられています。
そうではありますが、そのような病気だけでなく、アレルギー持ちの人や閉経後の女性もこの病気にかかりやすいので注意が必要です。
先述ではこの病気は喘息と間違えられやすいと書きましたが、それではこの病気と喘息の違いにはどのような点が挙げられるのでしょうか。
こちらに関しては、喘息よりも少し症状のパターンが少ないものと考えるとよいでしょう。
喘息であると、咳が止まらない、あまりにもひどい場合には呼吸困難を引き起こすなどといった症状があります。
この病気も咳が止まらなくなるのは一緒ではありますが、呼吸困難を引き起こすほどではありません。
また、一定の条件を満たした場合などのみに症状を起こすという特徴もあり、たばこの煙のある場所に行った時のみ症状が出たり、深夜帯だけ症状がひどくなるという人もいます。

スポンサーリンク