アトピー跡を消したい方へお勧めの方法

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎に悩まされている人はたくさんいます。
詳しい原因ははっきりせず、よくアレルギーを起こしやすいと言われる食べ物や、カビなどの菌の他に様々なものに敏感に反応してしまう厄介な皮膚炎です。
幼児期の頃に発症するケースが多く、アレルゲンとなる食べ物を制限されたり、使用するシャンプーや石鹸の類にも気をつけなければなりません。
成人になって治る人もいますが、仕事や家庭でのストレスが原因で再発したり悪化したりすることもあります。
また一旦、痒みや湿疹などの症状が落ち着いても、アトピー跡と言われる痣がいつまでも残り、悩みが解消されない人も多いことでしょう。
全身に渡って痒みや湿疹がある場合は、つい掻いてしまうことで跡が広範囲に及ぶこともあります。
当然、皆さんがこのアトピー跡を消したいと思っているに違いありません。
いくつかの方法があるのですが、誰もが可能というわけではないので、自分に合った方法を見つけられて実践できることが望ましいです。

スポンサーリンク

アトピー跡は、ステロイド剤の軟膏を使用することで起こる色素沈着と勘違いされている人は多いです。
ジュクジュクした湿疹や、それに伴う強い痒みにとても有効なお薬で、直接原因ではありません。
掻くことによって傷ついたり、ダニやカビなどの皮膚への刺激、紫外線などによるものが跡になって残る原因です。
つまり、跡を消したい前に、痒くても掻かずにおけば跡は残らないのですが、アトピーの強烈な痒みには無意識に手が伸びてしまうことも多いようです。
美容皮膚科などで行っているレーザー治療という方法もありますが、皮膚への負担や費用を考えても難しいかもしれません。
アトピー跡を消したい人へのアドバイスとしては、まず日頃から皮膚の乾燥を防ぐことが重要です。
跡となっている部分は更に乾燥しているので血行も悪くなっています。
その跡の部分も含めて常に皮膚の湿潤状態を保つことです。
もう一つはビタミンCを多めに摂ることをお勧めします。
よくシミやシワ、乾燥肌に効くということを耳にしたことがある様に、アトピー跡にも効果があります。
とても身近で簡単なことですが、こういった日常生活の中で取り入れやすく、ストレス無く続けられるケアが、実は一番効果がある方法なのです。

スポンサーリンク