アトピーの病院選びと基本の食事法

スポンサーリンク

アトピーの方が居たときどのような対応をしてあげたら良いでしょうか。
肌に常に痒みと痛みがあり十分な睡眠を取ることや汗をかくことも大変な事があります。
アトピーとは痒みのある湿疹で良くなったり悪くなったりを繰返してしまう症状です。
肌に痒みがあるため寝ている間に掻きむしってしまい症状が悪化するケースがあります。
アレルギーを起こしやすい人や肌バリアの弱い人が掛かる病気です。
6ヶ月以上の症状が続く場合は慢性と判断します。
現在ではアトピーの決定的な治療法が無いため完治する対処法しかなく病院選びも苦労すると思いますが、医者にも得意分野があるためどのような治療を受けたいかで病院選びも基準が決まってくると思います。
お医者さんも皮膚の症状だけではなく患者さんの生活習慣や食事内容や睡眠や心理的問題点もアドバイスをしてくれる病院を選ぶと安心して治療に専念することができます。
病院選びのポイントとして患部をしっかり診てくれ、今までの病歴の問診や薬の副作用に合わせ治療内容の説明などしっかり行ってくれる所が望ましいです。

スポンサーリンク

アトピーは薬にはあまり頼りたくないが頼らざるおえない方がいらっしゃると思います。
食事は全てに共通して体の基本を作り、病気も治す効果があります。
体調や環境によって体に出る症状に違いはありますが、食べ物で体に湿疹や痒みの異変が出た物はしばらく控えて様子をみたり添加物を多く含む食品も摂らないようにしましょう。
皮膚健康維持に重要な栄養素はビタミン、ミネラルで次にたんぱく質、脂質、炭水化物が大切になります。
これらの栄養素を満たし補えるのは和食が理想になります。
焼き魚や蒸し料理、煮物が多く油を多く使う洋食に比べると体に優しく海草やゴマ等を取り入れることでビタミンバランスもよく摂取する事ができ、さらに主食を玄米に変えるとさらに栄養バランスよく摂ることが出来ます。
食事を少しずつ変えたことで症状が良くなった方が居るため間食をやめたり、白米を玄米に変えて魚をいつもより多く取り入れるだけでも違いがあると思います。
食事を気を付けていると気持ちにも影響が出て前向きになれ毎日の活力が湧くと思います。

スポンサーリンク