アトピー肌でしみないように化粧水を使う方法

スポンサーリンク

アトピー肌の場合は、皮膚が炎症を起こし、刺激を感じやすくなったり、我慢できないかゆみが強くなったりすることがあります。
肌の保湿成分が不足し、皮脂の分泌が少ないため、肌のバリア機能が低下しています。
その際、お手入れをしても、化粧水が刺激となり、しみて痛みを感じることがあります。
アトピーは保湿が必要であっても、化粧水がつけられないと保湿する方法がありません。
そのため、しみないようにする方法を考える必要があります。
一般的に販売されているアトピー用の化粧水でも、多くの保湿成分が入っているため、しみないとされるものでも、刺激として感じるものはその人によって違いがありますので、合う方と合わない方がいます。
できればアトピー用の基礎化粧品のラインナップを揃えているメーカーから、化粧水の試供品をもらって、パッチテストをする方法をおすすめします。
目立たない所につけて一晩おいて様子をみるものです。
いきなり顔につけて刺激を感じたら大変ですので、手や足など、カサカサしている所に少しつけてしみないようでしたら、顔につけてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

アトピー用の化粧水としては、保湿機能が高いもの、刺激が少なくしみないものが理想的ですが、保湿機能が高いもののなかには、多くの保湿成分が入っているものもあります。
成分を多く使いすぎてしまうと、肌に合わない場合はかえって強い刺激となって、余計症状をひどくしてしまうことも考えられます。
できれば、シンプルな内容で、合わない成分が入っていないものが一番となります。
どうしても、痛みの状態がひどい場合は、状態が治まるまで、ミネラルウォーターのような純粋な水に近いものを付け、乳液やクリームなどで保護する方が適していることがあります。
特にかきむしった所が傷になっている場合や、赤みや腫れがひどい場合は、皮膚科医に診察してもらい、血液検査などで、どの保湿成分が合うのか調べてもらう必要があります。
合わない保湿成分が入っている化粧水は避けるようにしたり、皮膚科で処方されている基礎化粧品のシリーズを試して見るといいでしょう。

スポンサーリンク