アトピー咳嗽が出たときの薬の種類

スポンサーリンク

まず始めにアトピー咳嗽ですが、一般的には気管支喘息とは違い、喘鳴(ヒューヒューやゼイゼイ)を伴わない気道の慢性炎症疾患(異なる病型の種類)と考えられています。
ただし、両疾患は夜間から朝方にかけて起こることも多く、また気管支喘息患者においてもアトピー素因を持つ患者が多いことから、明確に分けて診断が出来ているかというと、現在診断分類上はまだ曖昧なケースも見受けられます。
その様な中、患者さんの症状を考えたときには、喘息もアトピー咳嗽も「気道の慢性炎症」を改善することで咳を止めることが治療ニーズとなるため、治療としては「気管支拡張薬」による気道過敏性を診るなどの治療的診断が行われたり、単にアトピー咳嗽がメインである可能性が高ければ、抗ヒスタミン剤などの他の種類の薬剤を使用することになります。
つまり、咳をメインにした患者を診た場合、簡単に何の疾患かを見極めることは問診を充実させたとしても難しい場合が多く、様々な種類の薬剤使用されているのが現状であります。

スポンサーリンク

では、具体的な問診や治療フローについて改めてここからは整理していきたいと思います。
まずそもそも、アトピー咳嗽と疑われる患者がいた場合、どのようなポイントに沿って問診が行われるのでしょうか。
ムンテラポイントとしては、家族歴の聴取、家庭環境(ハウスダスト・ダニ・カビ・ペット飼育状況・最近の引越しの有無など)、薬物治療を行う前に必要な生活環境の改善を促す必要があります。
それだけでも咳が治まる患者さんもいますので、段階的治療に移る先生方もいらっしゃることでしょう。
ただ、生活環境を改善しても咳が治まらない場合、そのときは前述の気管支拡張薬や抗ヒスタミン剤などで治療介入をしていくことになります。
当然生活習慣改善とともに治療をしますので、そこで改善すればいいのですが、それでもよくならない場合は、吸入ステロイド剤を服用するなどの抗炎症治療を行うことも検討されます。
以上、まとめるとアトピー咳嗽は生活習慣改善を行いながら複合的な薬物治療介入が必要となる気道の慢性疾患といえます。

スポンサーリンク