赤ちゃんのアトピーに効く、市販の保湿剤

スポンサーリンク

赤ちゃんの時に、アトピー症状が出てしまう場合はよくあります。
そんな時に効果的なのは、保湿剤できちんとケアしてあげることです。
現在では、質の良い市販の保湿剤が沢山ありますので、きちんとケアしてあげましょう。
塗り方としては、まずは赤ちゃんに入浴をさせてあげ、身体を清潔にしてあげます。
その後、丁寧に全身に保湿剤を塗ってあげるのです。
特に夏などには、首すじやヒザの裏など肌と肌がピッタリとくっついてしまう場所に塗ってあげれば、あせもやアトピーの症状を防ぐことが出来るのです。
赤ちゃんは自分自身で何かを言うことが出来ませんので、両親が先手を打って防いであげることが必要になってくるのです。
荒れやすかったり乾燥しやすい箇所には、1日に何回か塗ることをおすすめします。
生まれたばかりの小さな赤ちゃんにつきましては、ガビガビになりやすい頬や口まわりに塗るのも効果的です。
選ぶ際のポイントとしては、無添加で香料などが入っていない物を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

では、実際にどのような市販の商品が、赤ちゃんのアトピーに効果的なのでしょうか。
一つ目として、ファムズベビーがあります。
汗に強く、肌を保湿保護する役割に優れています。
しかも5〜6時間ほど持続して効果が続きますので、こまめに塗り直さなくても安心です。
生まれてすぐに使えるのも魅力的で、その他の薬と併用することも可能です。
きめ細やかなムース状なので塗りやすいのも特徴です。
二つ目として、ベビーミルキーローションがあります。
名前の通り乳液状で、羊水に近い成分を多量に含んでいます。
少量でも伸びが良いので、赤ちゃんの肌に負担をかけることなく使用することが出来ます。
つけた後はサラサラとした感じですので、不快感もありません。
しかし、普通の乳液のように持続時間は短いので、こまめに塗り直してあげることが必要です。
上記はほんの二例ですが、このようにアトピーに効く市販薬は、最近では比較的簡単に手に入れることが出来ますので、予防の意味を込めて、きちんとケアをしてあげましょう。

スポンサーリンク