アトピー跡の治し方と保湿方法は

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎の人であるとケロイドという傷跡が残りやすい体質の人も多く、そのためにアトピー跡が残ってしまっている人もいます。
このアトピーの傷の治し方に関しては、基本的には皮膚科で処方されるステロイド軟膏を怪我などが治りきる前に塗っておくことで保湿し、跡が残らないようにすることが出来ます。
また、跡になってしまった場合の治し方に関しては、やはり黒いみみずばれのように盛り上がってしまったアトピー跡を継続的に保湿し続けることが大切です。
保湿することで皮膚の細胞を新しく生まれ変わらせることで段々黒くなってしまっているアトピー跡の色が少しずつ薄くなっていき、最終的には跡が消えていきます。
この一定周期で肌の細胞が剥がれ落ちて生まれ変わることを「ターンオーバー」と言い、これはアトピー跡を治す以外にも美肌を維持するなどといった役割もあります。
アトピーの傷の治し方としては有名な方法であり、生活リズムを整える、ビタミンCを多く摂取する、肌を保湿するなどといった簡単な方法で実行することが出来ます。

スポンサーリンク

それでは、アトピーに有効は肌の保湿方法にはどのような方法があるのでしょうか。
アトピーであると敏感肌である人も多く、そのため、保湿剤が肌に合わないと言うことも少なくはありません。
そのため、一般的には病院で処方されるワセリンを使用しておくと無難です。
それに加えて、アトピーのかゆみが無く、跡になってしまっているだけの状態であると市販の保湿剤やボディクリームでも肌を保湿することが出来ます。
そうではありますが、肌がまだかゆい状態であると、ワセリンではなくステロイドを使用して肌の炎症を少しでも軽くする方を最優先した方が良いでしょう。
また、炎症がひどい状態であると、逆に保湿するとかさぶたにならないためにかゆみが続いてしまうこともあり、このような場合は乾燥させること、ステロイドを塗って少しでも炎症を抑えることが大切です。
一度かさぶたになってしまうと跡になってしまうことが多いですが、一度跡になってから保湿して皮膚をターンオーバーさせた方がかゆい期間も短く、跡が消えるまで半年も変わらないのでオススメです。

スポンサーリンク