手足口病でアトピーが悪化する理由はなぜか

スポンサーリンク

手足口病といえば、小さい子どもに多い、1週間から2週間程度手や足、口周りに発疹が出ることが特徴的な病気です。
この病気にかかると、アトピーの症状がさらに悪化してしまうことが多いのですが、その理由はいったいなぜなのでしょうか。
この悪化の理由に関しては、間違った対処法をとってしまうことが原因のことが多いです。
手足口病がやっと治ったと思ったところでアトピーが悪化するというパターンが一番多いのですが、これには人間の免疫力が関わっています。
大体どの病気にかかった後でも免疫力が落ちてしまうのは当然です。
アトピーは体調やストレスによって症状が左右されやすいものであり、この免疫力の低下が悪化の理由であると言えます。
どうしても悪化した状態のアトピーであると、ステロイドなどといった強めの薬を使用してしまいますが、手足口病で悪化してしまっている状態であると、それは逆効果になってしまいます。
そのため、まずは体調を治し、肌に刺激を与えないあまり強くない薬を使用して治すようにしましょう。

スポンサーリンク

手足口病は肌に影響のある病気と考えられるのが一般的ですが、皮膚系の病気の中でも場合によっては症状が深刻になりやすい病気でもあるので、特に乳幼児期は肌質だけでなく、体調もしっかり注意してみてあげることが大切です。
この病気はほかの病気も併発してしまうと合併症を引き起こします。
特に注意しなければいけないのが急性髄膜炎であり、合併症で急性脳炎を引き起こすこともあります。
また、手足口病は子どもの病気と思われてしまいがちではありますが、大人でもこの病気にかかってしまうこともあります。
そのような場合に注意しなければいけないのが、特に妊娠している女性であり、生まれてくる子どもにも影響が出てしまうことがあります。
新生児の病気は子どもの病気の中でも後遺症なども出やすいので、大人であってもこの病気は油断してはいけません。
この手足口病は予防するための対策法は存在せず、そのため、ウイルスに感染しないために手洗いうがいをしっかりし、健康的な生活を送ることが大切です。

スポンサーリンク