アトピーでかゆくなるのを防ぐために薬を飲む事も大切

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー体質や肌のバリア機能の低下によって起こる皮膚炎です。
症状は主に、湿疹やかゆみなどで、首や目のまわり、手足の関節の内側などに症状が出やすいです。
また、子供だけの病気ではなく、成人してからも発症する場合があり、誰でもなり得る病気です。
そのため、花粉症や喘息などのアレルギー体質の人はもちろん、そうでない人も、肌のバリア機能を保つために、日頃から気をつけなければいけません。
肌のバリア機能を保つためにできるのが、清潔にする事と保湿です。
埃やダニ、ハウスダストなどの汚れや、石鹸、化粧品など化学物質による刺激もバリア機能を低下させる原因になるので、掃除を心がけ、肌に合った商品を選ぶようにしましょう。
そして、汗や皮膚汚れなどもかゆくなる原因となるので、こまめにシャワーを浴びたり、お風呂に入るようにしたほうがいいです。
そして、保湿する事は、刺激から肌を守る役割にもなるので、入浴後にはしっかり保湿してください。

スポンサーリンク

しかし、いくら気をつけていても、アトピー性皮膚炎になる事もあります。
そんな時は、早い段階で皮膚科に行く事をお勧めします。
皮膚科での治療には、ほとんどの場合ステロイド外用薬を使います。
ステロイドといえば、副作用があって心配だと思う人も多いかもしれません。
しかし、使用期間や使用方法を間違えなければ、とても有効な治療薬です。
症状が重い場合は強いステロイドを使用しますが、症状に合わせてだんだん軽いものに変え、症状が治まったら保湿剤などでケアしていきます。
また、かゆみが酷い場合は、抗ヒスタミン薬という飲み薬を服用する場合もあります。
この抗ヒスタミン薬はかゆくなるのを防ぐ事ができるので、かきむしりによる悪化を防ぐ事ができます。
このように、アトピー性皮膚炎はかゆくなる前にケアする事で悪化を防ぐ事ができますし、普段の生活習慣を見直すだけでも症状を抑える事ができる病気です。
自分の肌の事を知って、上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク