アトピー咳嗽で使用されるアレグラとは

スポンサーリンク

長引く乾いた咳の原因で考えられる疾患の1つにアトピー咳嗽が挙げられます。
これは1989年に日本から提唱された疾患概念で、喉がイガイガし、就寝時や夜中から早朝、起床時などに乾いた咳で悩まされる疾患となります。
そして、この疾患はアトピー性皮膚炎の人だけがなるのではなく、花粉症などのアレルギー体質を持つ人がなりやすいことがわかっています。
そのため、アレルギー鼻炎である人が風邪をきっかけに回復後も咳が残ったり、ホコリなどがきっかけとなって起こす場合もあります。
また、温度差のある空気を吸い込んだ時に生じることもあります。
アトピー咳嗽の状態では気管部位にアレルギー細胞が関係した炎症が生じ、知覚神経が過敏になり咳を生じてしまいます。
しかし、内径が2mm未満の細い気管支にはこの炎症が生じないために気管支の病気ではなく、気管の病気となります。
ですから、喘息などで使用される気管支拡張薬では効果が認められず、アレルギー症状を抑えるお薬が使用されます。

スポンサーリンク

アレルギー反応を抑えるお薬としてよく使用されるものに抗ヒスタミン薬があります。
中でも花粉症でよく使用される第2世代抗ヒスタミン薬であるアレグラなどがよく処方されています。
アレルギー反応はヒスタミンが遊離されること引き起こされます。
そのためヒスタミン受容体にアレジオンなどのお薬が結合することでヒスタミンが遊離されずにアレルギー反応は抑えられます。
合わせてアレグラなどにはロイコトルエンなどのアレルギーに関係する化学伝達物質の遊離を抑制する作用も持っています。
そのためこれらの2つの作用によってアレルギー反応を抑制しアトピー咳嗽を鎮めてくれるのです。
さらにアレグラのような第2世代の抗ヒスタミン薬は脂溶性が低く、脳へ移行しにくい特徴があります。
そのことで眠気や抗コリン作用といった副作用が出にくい特徴があります。
そのため、軽症のアトピー咳嗽にアレルギーによって起こる咳症状の軽減にアレグラは処方されています。

スポンサーリンク