アトピー性咳嗽の治療期間はどのくらいか

スポンサーリンク

アトピーの人がなりやすい喘息のような症状のある病気のことをアトピー性咳嗽と呼びます。
この病気は、喘息のように息が苦しくなることはありませんが、咳が止まらなくなるなどといった症状があり、アレルギーが原因で発症します。
医師でも喘息とパッと見で判断することはとても難しく、最初に処方された喘息の薬が効かなかった場合にアトピー性咳嗽の薬を処方してみて症状が改善されたのであれば、それはアトピー性咳嗽で間違いありません。
この病気は現段階では原因がはっきりしておらず、そうではあるものの、アトピー性皮膚炎などといったアレルギー系疾患にかかったことのある人に多いことからそのような人はこの病気になりやすいと考えられています。
治療期間は喘息などと同様長期の治療期間になってしまうことを覚悟しておきましょう。
一般的にこの病気の治療期間は4、5年程度ではありますが、再発率もとても高い病気であるので、長期間この病気と付き合っていく覚悟が必要です。

スポンサーリンク

それでは、アトピー性咳嗽の治療を行う場合、病院は何科に行けば良いのでしょうか。
この場合は呼吸器科や耳鼻咽喉科の取り扱いとなります。
そうではありますが、近頃は喘息持ちの人も増えていることから、このような喘息系の病気を専門的に取り扱っている病院も増え始めています。
近くにそのような病院があるのであれば、そちらを受診してみることをおすすめします。
この病気に関しては、常に咳が止まらなくなるというわけではなく、時間によって咳が止まらなくなるといった特徴があります。
特に深夜帯にそのような症状が出やすい場合はこの病気である可能性が高いので注意しましょう。
基本的にこの病気の治療に関しては、錠剤タイプの薬が処方されることが多いのですが、これで完治しないことも多く、そのような場合は吸入で治療を行います。
この病気を悪化させないようにするために、日頃からマスクをするようにしたりなどといった対策をすることもとても大切です。

スポンサーリンク