アトピー治療の薬の強さについて

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎とは、皮膚がかゆくなることで湿疹をを伴う炎症を起こす病気のことで、良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴です。
なかなか直らず慢性化することが多く、様々な薬が開発されていますが、治療には根気よく対処することが求められます。
アトピー性皮膚炎では、皮膚からの異物の侵入を防ぐいわゆる皮膚のバリア機能が必要以上の強さで機能してしまうために起こるといわれており、その反応を起こすと見られる刺激物を取り除くことがまず治療の第一歩となります。
カビやダニ、砂埃、紫外線、引っかくなどの刺激、化学物質など、刺激の原因は様々で、その特定が難しいことも少なくありません。
また、遺伝をはじめ、もともとの体質も大きく関係している場合があります。
そのため、治療に使われる薬の種類も様々で、症状や年齢により、適切な薬の強さも大きく変わってきます。
専門の医師にしっかりと診断してもらった上で、適切な薬を処方してもらうことが大切です。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎に使用される外用薬は、ステロイドホルモンという物質を含有しています。
これは、臓器の副腎から分泌されている副腎皮質ステロイドホルモンというホルモンのことで、外用薬にはこのステロイドホルモンを人工的に加工して効果を高めたものが使われています。
ステロイドホルモンには抗炎症作用以外に、血糖値をあげたり、胃粘膜を過敏にしたり、骨粗しょう症を引き起こしたりする作用があることが知られていますが、外用する場合には体内に取り入れられてこのような副作用を起こす危険は極めて少ないため、このような危険を気にする必要な無いといえます。
また、免疫の抑制作用により、連続して使用し続けると免疫力が高まり、アトピーが治りにくくなるということがいわれています。
また、使いすぎた後で使用をやめた場合、リバウンドすることによって再発したときに直りにくくなることがあります。
このような理由から、どの程度の強さのものを使用するのか、を医師の診断を元に正しく判断することが大切になります。

スポンサーリンク