市販のファンデーションがアトピー肌に与える影響

スポンサーリンク

アトピーでお肌が敏感な方はどのようなファンデーションを使っているのでしょうか。
普段はお化粧をしていてもなにも影響はないのだけれど、アトピーの敏感肌にはちょっとしたことが刺激になることがあります。
汗や乾燥でもお肌に刺激がありますし、寝不足や疲れ、ストレスなどで抵抗力が落ちたときにアトピーが出てしまう人もいます。
汗はこまめに拭くようにし、お肌が乾燥しないように保湿を心がけると良いです。
寝不足にならないよう十分な睡眠をとり、疲れやストレスをあまり溜めないようにしましょう。
しかし現代社会では十分な睡眠時間の確保や、ストレスを溜めないようにというのは少し難しいかもしれません。
普段はドラッグストアなどで買える市販のファンデーションを使っている方もストレスが溜まっていたり、季節の変わり目など、お肌の状態が不安定になりがちなときには、ファンデーションがお肌に影響を与えてしまいます。
そのようなときはどうしたら良いでしょうか。

スポンサーリンク

アトピー肌の状態が不安定なときには、できるだけお肌を休ませてあげると良いです。
市販のファンデーションはお休みして、肌を保湿して潤いをもたせてあげるとお肌の状態の回復に効果的です。
仕事の都合などでどうしてもお化粧が必要というときには、パウダーをはたくだけにするなどお肌に負担をかけないようにしましょう。
アトピーの影響が出ている部分のお肌を覆い隠すよりも、ほかに視線をそらさせるメイク術をほどこすのも人目が気にならなくて良いです。
例えばアイメイクをいつもよりしっかりしてみたり、ヘアーをアップスタイルにしてそちらに他人の目線がいくようにすると、アトピーの影響が出ている部分のお肌もそんなに気にならないです。
市販のファンデーションがまた利用できるようになるまで、お肌を十分に休ませることはもちろん、身体や心も休ませてあげましょう。
自分にあったリラックス方法を見つけたり、適度な運動をするのもストレス解消になります。

スポンサーリンク