アトピー跡を消すにはアットノンという薬があります

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎は、非常に強い痒みを伴う慢性の湿疹です。
幼児期に発症し、成人になると症状が良くなるケースが見られます。
しかし環境によって生じるストレスで、成人になっても良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多いのも特徴です。
外部からのアレルゲンと言われるカビなどの菌や食べ物だけでなく、何らかの理由で皮膚のバリアー機能が弱まり、様々な物質に過剰反応してしまうので、その結果湿疹と痒みに悩まされます。
そのため、使用する化粧品や洋服の繊維など、皮膚に密着するものに気を遣い、更にストレスが重なります。
一旦症状が軽減しても、湿疹による炎症や掻いた跡など、いわゆるアトピー跡と呼ばれる痣に悩む方もたくさんいます。
アトピー跡は、ステロイド剤使用による色素沈着と勘違いされることが多いのですが、痒くて掻いてしまうせいで起きるものです。
時間が経過すれば跡が無くなることもあるでしょうが、最近では、その回復を促進できる薬もあります。

スポンサーリンク

小林製薬のアットノンは、アトピー跡をはじめ、打ち身や虫さされの跡など、なかなか消えない痣や傷跡に効果のある薬です。
ジェルタイプのものが多く使われているようですが、傷跡を隠しながら治すことが出来る「アットノンコンシーラータイプ」というものもあります。
アトピー跡は、全身に渡って出来てしまうことも多いですが、特に人目につきやすい個所から使用していくと良いかもしれません。
アットノンが傷跡に効く理由は、ヘパリン類似物質を主成分としているからです。
跡が残ってしまうのは、皮膚の新陳代謝が悪くなるからです。
掻いたり傷を負うことで皮膚が炎症を起こすと血行が悪くなりますが、このヘパリン類似物質は新陳代謝を促進し、皮膚の血行を良くする働きがあります。
この他、水分を保持する役割、抗炎症作用も備わっており、これらの効果で跡を治していくのです。
1〜2年程度前からの跡にも使えるのも特徴です。
アトピー跡で悩んでいる方には強い味方になる薬です。

スポンサーリンク