アトピーの種類や咳嗽の期間や薬などについて

スポンサーリンク

皆さんは、アトピーというものをご存じでしょうか?
たいていの方がアトピーというものをご存じのはずだと思います。
そして、この症状というものが、「アトピー性皮膚炎」というものです。
このアトピー性皮膚炎というものは、もともとアレルギーを起こしやすい体質、皮膚の防御機能が弱い方に見られるもので、皮膚の炎症を伴うものです。
主な症状というものは、「湿疹」「かゆみ」になります。
症状が良好な状態であったり、悪い状態であったりを繰り返すことで、なかなか症状が緩和しないということがあります。
そして、これが慢性化していくということがあり、症状の緩和が数年間続くということがあります。
この慢性化の基準というものは、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)継続して症状がある場合に慢性と判断します。
発疹の特徴としては、「赤身、ジュクジュクしている、皮がむける、皮膚が硬くなって盛り上がる。」こういった特徴があります。

スポンサーリンク

体全体に起こる症状ではあるのですが、「額、目の周り、口周り、耳周り、首、わき、手足、手足の関節、(曲げる部分)のうちがわ」といった比較的、皮膚が弱い場所に見られることが多いです。
アトピー性皮膚炎の治療に関しては「ステロイド」が有効とされております。
ステロイドは効果が強く、なかかつ症状が治まる時間が早いため、重宝されています。
しかし、その反面としては、副作用で使用により、内臓の機能低下や、免疫力の低下といった症状が起こることがあります。
特に長期の使用に関して多くみられるものであり、体調の変化を感じた場合には医療機関で使用に関して相談してみるといいかと思います。
また、治療に関しては、ステロイドというのは、効力を強く示す治療薬ではあるのですが、日ごろの生活を見直すことで、症状が悪化しない、症状があまり強く現れないようになることがあります。
これは、食生活もそうですが、たとえば、お風呂上りに皮膚のケアをしっかりと行うことで症状を抑えることが可能です。
また、空気の乾燥も同じく症状が悪化に影響しますので、あまり空気を乾燥させるような状態を作らないようにして下さい。
アトピー性皮膚炎をおこしやすい方として、「喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギー」の症状を家族や親類の方でお持ちの方がいる場合に多くみられるものです。
とはいっても、このアトピーの症状はある程度は治療で緩和することが多いので、長期の治療になることもありますが、しっかりと根気強く治療に取り組むようにしましょう。

スポンサーリンク